お肌にやさしい
ファンデーションの選び方!


ファンデーション
色々なタイプのファンデーションがありますが、、あなたはどんなファンデーションを使っていますか?

もしかしたら、あなたの肌トラブルの原因は、ファンデーションの選び方にあるのかも知れません…

お肌にやさしいファンデーションを選べば、その肌トラブルも今より少なくなるかも。

仕上がりがしっとりしてるからとか
粉浮きが気になるから
などの理由で、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使っている方、肌トラブルに悩まされていませんか?

その原因は、リキッド・クリームタイプのファンデーションのせいかも知れません。

肌にやさしいファンデーションとは

ファンデーション色々
お肌にやさしいのはパウダーファンデーションなんです!!

お肌が自前の皮脂で潤っている状態というのは、とてもいい状態なので肌トラブルも少ないです。

ですが、自前の皮脂ではなく、化粧品の油分などがお肌に乗っているというのは、お肌にとって少なからず負担になっています。

よく耳にする界面活性剤(海面活性剤について詳しくはこちら)。
この界面活性剤が多く含まれているファンデーションというのは、お肌への刺激も強いです。

また、化粧品には、水分が多いものも多いです。
水分が多いと腐りやすくなるため、防腐剤も含まれています。

これらの成分がお肌にはあまり良くないというのは、なんとなく聞いたことがあるかもしれません。

では、それぞれの特徴についてお話します。

お肌の負担

乾燥肌
リキッド・クリームタイプのファンデーションは、乳液のようなもののなかに顔料を分散させて作られています。
ですが、分散しやすいので、乳化剤で安定させています。

乳化剤と界面活性剤というのは、ほぼ同じものです。

また油分も多く、カバー力を増すためにシリコンも多量に含むものも多く、それらが毛穴をふさいでしまうこともあります。

タイプ別ファンデーション

それでは、タイプ別にファンデーションを紹介します。

リキッドクリームタイプ

クリーム状ファンデーション
多くの場合、防腐剤が使われ、油分や顔料もパウダータイプよりも多く含まれています

ニキビを隠すための使用は禁物!!

練り状タイプ

練り状ファンデーション
顔料に少量の油分を加えて練ったものです。

多くは固形でコンパクトタイプかスティックタイプです。

水分を含まないため、乳化剤や防腐剤も少なくて安心

パウダータイプ

パウダー状ファンデーション
水分を含まないため、乳化剤不使用
防腐剤も少なくお肌にやさしいものが多いです。

粉浮きが気になるという方は、練り状タイプのファンデーションを使用するといいと思います。

また、パウダータイプは、紫外線防止効果が高いです。
とくにUVケア用のものでなくても、日常でのUV対策はそれだけで間に合います(^.^)

日焼け止めを厚塗りするよりも、その方がお肌に負担を書けずにUVカットができます

まとめ

ここまでのことをまとめてみます。

  • 油分、界面活性剤、防腐剤はお肌の負担
  • パウダータイプは乳化剤、防腐剤が少ない
  • パウダータイプは紫外線防止効果が高い

どうでしょうか。
パウダータイプのファンデーションがお肌にやさしい理由が伝わったでしょうか。

界面活性剤

界面活性剤とは、水と油など性質の違うものどうしの境界面(=海面)に吸着し、界面張力を低下させ、お互いに混ざりやすくする物質です。

化粧品には少なからず含まれています。
液体を乳化させて、クリームや乳液をつくるときにも用いられるため、乳化剤とも呼ばれています。

ちなみに石けんにも似たような洗浄力がありますが、石けんの洗浄成分は界面活性剤ではなく石けん成分です。
戻る


1 2