肌荒れの原因はさまざまです


気づくと、信じられないほどお肌が荒れていることって有りますよね?

ホントに朝起きて、吹き出物が合ったりすると、家から出るのがホントイヤですよね…

どうすれば、肌荒れのない爽やかな朝を迎えられるのでしょう…

雑菌が原因の肌荒れ

枕カバーを変えてない

汚れた枕
枕には、皮脂や頭皮の汚れ、汗が毎日付着していきます。

毎日同じ枕を使用し続けていると、その汚れが顔についてしまい、肌が荒れてしまったり、吹き出物ができてしまいます

解決策

枕カバーを頻繁に清潔なものに取り替えることで解決できます。

手で顔を触る癖がある

顔触る
さまざまなものに触れている手は雑菌の宝庫です。

身体中の中で一番雑菌が多いといわれているのが手です。

その手で顔を触ると、手の雑菌が顔に映ってしまうことで肌荒れを起こしてしまうこともあります。
また、洗顔前に手を洗わないで、顔を洗うと、手の雑菌がついてしまいます

解決策

手で顔を触る癖をなくす。
洗顔前には、手を洗ってから洗顔をする。

メイクのスポンジやブラシを洗っていない

パフ
スポンジやブラシには、皮脂やメイクの脂分などが付着しています。
大量の雑菌の住処です。

解決策

定期的に買い換えるか、週に一度は洗いましょう。

スマートフォン、携帯電話が汚れている

フマートフォン
電話後の画面には、顔についている皮脂や脂分が付着しています。

ティッシュやスクリーンクリーナーで拭くだけでは不十分です。

解決策

殺菌効果のあるペーパーで1日数回こまめに拭くことが大切です。

体内環境が原因の肌荒れ

便秘

便秘
便が出ないと毒素が身体中に回り、さまざまな不調が引き起こされます。
そのひとつが、肌荒れです。

解決策

便秘が原因でお肌が荒れている場合、便秘を改善することが必要不可欠です。

食物繊維を摂取すると便の量が増え、水分を多く摂ることで便が柔らかくなり、便秘改善に効果的です。

普段から、ヨーグルト、キムチ、納豆を摂るようにしましょう。

ストレス

ストレス
20代後半にもなると、お肌のバリア機能も変化してきます。
身体は変化しているのに、生活習慣が若い頃と同じだと、どこかにしわ寄せが出てきます

解決策

自身のストレスを自覚し、そのストレスを軽減することを考えましょう。

お肌と内臓は密接に関係しています

内臓疲労
どんなスキンケアをしても、肌荒れが改善しない場合、痒みをともなう肌荒れが続く場合は内臓疾患の可能性があります。

暴飲暴食をしてしまったときには、胃はMAXで消化活動をします。
その結果、胃が疲れてしまい肌荒れといった症状が出ることがあります。

そういった場合の肌荒れは、口の周りがガサガサしたり、吹き出物が出てくることがあります。

解決策

胃が疲れている場合は、休ませることで改善されますが、肝臓を患っている場合は、肝臓の機能が低下している場合、悪化する事が多いので、医師に相談することをオススメします。

刺激が原因の肌荒れ

高い温度でシャワーをしている

Shower woman washing face in while showering with happy smile and water splashing. Beautiful mixed race Asian Chinese / Caucasian female model home in shower cabin.
シャワーの水圧は顔には刺激が強すぎます。
シャワーの水圧を直接お肌に当てることによって、毛穴やシワが刺激され、無理に押されてしまい、お肌が垂れてきてしまうことになります。

解決策

シャワーを顔に直接当てることを止める。

タオルで顔を擦る

タオル_摩擦
タオルで顔を摩擦することで、お肌の表面を守っている角質を剥がしてしまう

解決策

タオルの摩擦は、お肌を傷つけるだけではなく、摩擦によって、シミの原因になることもありますので、抑えるようにして水分をとりましょう

化粧水をつけたあと手でパンパンと叩く

手でたたく
敏感肌の方は、化粧水をつけたあと手でパンパンと叩くと、毛細血管が切れて全体のトーンが落ちてしまいます

解決策

なじませるようにやさしく滑らせることがベターです。

ですが、スポンジを使うことも摩擦は少なからずありますので、手で馴染ませることが一番です。

化粧水は、コットンか手かについて詳しく書いていますので、良かったら見てくださいね。
化粧水 敏感肌用高保湿タイプの口コミ

その他

アレルギーによる肌荒れ

アレルギー
加齢によって、アレルギーが発症することもあります。

花粉症の方は、お肌に花粉がついたり、少しの日焼けでも真っ赤に炎症を起こしてしまうこともあります。

自身のアレルギーを把握しないと、原因不明なまま肌荒れに悩まされることになってしまいます。

解決策

必要に応じてアレルギー対策の薬を医師に処方してもらうことも効果的です。

皮膚科に行くと、簡単なアレルギーテストをしてもらえるので活用してもいいと思います。

年齢に応じたスキンケアをしていない

年齢に応じたスキンケア
お肌は年齢に応じて変化していきます。
20代後半からお肌のバリア機能は低下し炎症を引き起こしてしまうこともあります。

解決策

普段から使用している基礎化粧品なども、今現在の自分のお肌に合ったものを使用しましょう。

乾燥が原因による肌荒れ

肌荒れの一番の原因は乾燥

乾燥
暑い夏は強い紫外線でお肌が刺激され、寒い冬は冷たい風でお肌が刺激されます。

古い角質がお肌の表面に溜まってしまい、この古い角質が乾燥していることもあります。

解決策

お風呂から上がったら、水分が顔から蒸発してしまう前に化粧水で潤いを与えましょう。

自分が乾燥肌だと思ったら、まず古い角質がお肌の表面に溜まっていることを疑いましょう。
この古い角質を剥がすには、弱アルカリ性のお肌にやさしいクレンジング剤で毎日15分ほど、クレンジングマッサージをしたあと、弱アルカリ性でお肌にやさしい洗顔料で洗顔を続けることで、お肌の表面に溜まっている古い角質を剥がれていきます

クレンジングマッサージについて詳しく知りたい方にオススメの記事です。
肌トラブルにはクレンジングマッサージ!

シートマスクを長時間つける

パック
マスクを貼ってから、長時間放置するのは逆効果です!
せっかくお肌に入り込んだ水分が再びシートに吸収され、水分が蒸発して乾燥を招いてしまいます。

解決策

マスクを使用する際は商品の使用時間をきちんと守って使用しましょう。

肌荒れの原因がわからないという方は、これらのことに気をつけてみると、肌荒れが改善するかもしれませんよ(~o~)